閉店後にする事務処理が無くなる|飲食店にもPOSレジを導入しよう

女性

観光業界を熱くする言葉

日本に来る外国人観光客を表す言葉で「インバウンド」という言葉があります。直訳すれば「中に入る」という意味で、これが転じて「日本国内に入る」という意味になり、外国人観光客を指すようになりました。近年、官民共同の取り組みによりインバウンドは増えつつあり、日本人、外国人にとってもお互いを知る良い機会となるでしょう。

お店

アドバイスを貰うコツ

飲食店の売上アップには、その地域の特色や住んでいる人のニーズを正確に把握することが大切です。長年その地域に住んでいる方やトレンドや健康・美容に敏感な若者の意見を取り入れていくと効果的に売上アップの対策を練ることができます。

手

小規模介護事業におまかせ

介護サービスに参入しようと考えた場合に、大規模の施設をいきなり運営するのはかなり難しいでしょう。もしも、初めて介護事業に参入するなら、小規模施設に特化した樹楽のフランチャイズを活用することをおすすめします。

単独店舗でも活用可能

レジ

リアルタイムマネジメント

販売管理に主に利用されるPOSシステムですが、最近では業種問わずに利用されるケースが多くなっています。飲食店でもPOSシステムを導入し、売上やコスト管理を上手に利用しているケースが増加しているのです。飲食店では、一般的に閉店後にその日の売上状況を計算します。仕入れのコスト管理と売り上げを計算し、その日の利益額を計算するのです。しかしあくまでも結果論になります。利益が少なくても閉店後であるため、次の日に期待するしか方法がないのです。これは赤字になってしまった状態でも同じです。リアルタイムマネジメントができないのです。ビジネスにおけるマネジメントは先手必勝です。結果分析を行っても後の祭りになるケースが多いのです。POSシステムを利用することでリアルタイムに利益状況を確認できるようになります。仕入れ額を予め入力しておくことで売上はレジと連動して計算されます。黒字化するまでの客数などをリアルタイムで管理することができるようになります。タイムサービスなどを用いて客数を稼いだり工夫をすることができるのです。POSシステムの多くは複数店舗の管理です。しかし単独店舗でも十分に活用することができるのです。飲食店では、仕入れ額が毎日変動するなどの難しい経営管理も特徴になっています。それと日常的な客数の計算から料理の値段をいくらに設定すれば良いのかなどのシミュレーションも可能になっているのです。飲食店に特化したPOSのアプリも販売されているのです。